芸能人・有名人

華原朋美の目がうつろなのは病気?目つきが薬中やうつ病ぽいとの噂も

華原朋美の目がうつろなのは病気?目つきが薬中やうつ病ぽいとの噂も

歌手の華原朋美さんが2021年、また様々な番組に出演するようになりましたね。

ところが、久しぶりに見る華原朋美さんに対して、「激太りした」といった体型の変化を心配する声の他に、「目がうつろ」「目つきがいっちゃってて怖い」「うつ病っぽい」といった声が続出しています。

今回は、華原朋美さんの「目がうつろで怖い」「目つきがうつ病っぽい」といった声や、その理由を調査しました。

華原朋美の目がうつろで怖い!?

華原朋美さんの目が「うつろ」「怖い」といった声が相次いだのは、2021年4月1日放送の「アウト✕デラックス」でした。

目がうつろで怖い華原朋美

華原朋美さんと言えば、もっとキリっと意志の強い目が印象的な方だったと思うのですが、随分目つきの印象がちがいますね。

全盛期の華原朋美と、目がうつろで怖い華原朋美

『アウト✕デラックス』で話している華原朋美さんを見た視聴者からは、こういった声が相次ぎました。

  • 目がうつろだけど大丈夫?
  • 目が澱んでいて怖い
  • 目つきがヤバい




華原朋美の目がうつろな理由はうつ病の病気?

華原朋美の目がうつろな理由は?うつ病?

では、華原朋美さんが「目がうつろ」「目つきが怖い」と言われる状態になっている理由は、いったい何なのでしょうか。

ネット上では、「うつ病などの精神的な病気」を心配する声も多く聞かれます。

うつ病の症状と似てる?

では、じっさいにうつ病の症状が、目がうつろな華原朋美さんの状態と似ているのか見てきましょう。

うつ病の症状

  • 抑うつ気分、興味または喜びの喪失、意欲の低下・おっくう感などの“こころの症状”
  • 睡眠障害、疲労感・倦怠感、食欲の減退、動悸・息苦しさ・口が渇くなどの”からだの症状”

うつ病は、精神活動が下がって、動けなくなる病気です。

もし仮に華原朋美さんがうつ病だとしたら、床に臥せったままテレビに出ることも難しいと思われます。

統合失調症?

中には、「統合失調症」なのではないかと心配する方もいます。

統合失調症の症状

主に

  1. 幻覚・妄想
  2. 生活の障害
  3. 病識の障害

の3つの症状があります。

引用元:厚生労働省ホームページ

統合失調症は幻覚や妄想を伴うことが多いので、やはり華原朋美さんの「目がうつろ」「呂律が回らない」といった状態とは少し違うかもしれませんね。

華原朋美さんが「目がうつろ」な理由は、精神的な病気がきっかけかもしれませんが、精神的な病気「自体」によるものではないのではないでしょうか。




華原朋美の目がうつろな理由は薬物中毒?何の薬?

華原朋美は精神安定剤の飲みすぎ?

一方で、華原朋美さんが目がうつろな理由として、「精神安定剤などの薬の飲みすぎによる薬物中毒を心配する声が多く聞かれます。

  • 目がうつろでトロンとしている
  • 呂律が回っていない

といった理由から、華原朋美さんは精神安定剤を飲みすぎているのではないかと噂されているようですね。

何の薬?

ネットでは、華原朋美さんが精神安定剤の「デパス」を飲んでいるのではないかという声が多く聞かれました。

  • デパス:抗不安薬
  • 主な副作用:眠気、ふらつき、けん怠感、脱力感、発疹、じん麻疹、かゆみ、紅斑など

引用元:くすりのしおり

眠気、脱力感、ふらつきなど、デパスの副作用と華原朋美さんの状態が似ているようにも見えますね。

華原朋美さんは、

  • 2019年9月に長男を出産したことで、状態が不安定になった
  • シングルマザーなので生活リズムが崩れた
  • 育児ストレス

など、精神安定剤を服用していてもおかしくない状態なのではないかと見ている方が多く、余計に噂につながっているようです。

薬物依存症で精神科病棟に入院の過去も

華原朋美の目がうつろなのは薬物依存症の再発?

華原朋美さんは、実際に睡眠薬や薬物の依存症がひどかった過去を2013年8月24日、「24時間テレビ36 愛は地球を救う」で告白しています。

24歳のころプライベートでも親密な間柄だった小室さんと破局し、精神が不安定になり始めた。「そのころにはもうお薬もたくさん服用するようになっていた」と、忠道さんは番組VTRの中で明かした。

その後も薬物依存はさらに悪化し続け、忠道さんによると、「フラフラ下着一枚で道路出て行ってしまうこともありました。ラムネを食べるようにボリボリと(薬物を)服用してしまう」ひどい状態だった。

引用元:J-CASTニュース https://www.j-cast.com/2013/08/25182143.html?p=all

薬物依存症になるキッカケの病気名はわかりませんでしたが、華原朋美さんが24歳頃から出ていた薬物依存症の症状は、かなりひどいものだったようです。

  • フラフラ下着一枚で道路出て行ってしまうこともあった。
  • ラムネを食べるようにボリボリと(薬物を)服用してしまう
  • 完全にラリっていて、夢遊病のように歩いていた
  • 目がトロンとして、口元もダランとゆるんで、あっち行ったりこっち行ったり
  • 暴れる華原朋美を兄3人が抑えて、精神科の閉鎖病棟に入院させた

というひどい状態だったのだとか。

この状態から、華原朋美さんはフィリピンに単身赴任中の父親のもとでボランティア活動をするうちに状態が安定。

2012年12月に5年半ぶりに芸能界復帰に至っています。

再び状態悪化?

2020年9月の華原朋美

しかし、2020年9月に華原朋美さんが事務所契約を解除される原因となっていたのも、薬物依存症だったと週刊誌が報道しています。

「(事務所の契約終了について)実際はクビです。理由は若い頃から乱用していた精神安定剤や睡眠導入剤などの薬をやめられないからです。テレビの仕事の現場に来ても目がうつろで、ここ2年くらいはほとんど仕事もできない状態でした。さらに薬の影響で、少なくともここ1年で、母親の家と(母が経営する)美術館がある那須で2度、新宿で1度、事故を起こしています。特に今年3月には那須で、フェラーリを大破させる事故を起こし、その時も薬で酩酊状態だったようです

引用元:文春オンライン https://bunshun.jp/articles/-/40272

同時期の2020年9月頃にも、自身のYouTubeチャンネルに登場する華原朋美さんが「目がうつろ」「目つきが怖い」といったコメントが相次ぎました。

精神安定剤は飲んでない?

華原朋美は精神安定剤は飲んでない?

これに対して、華原朋美さんは精神安定剤は子供を妊娠した2018年後半頃から飲んでいないとコメント。

(薬を飲んでいないのは)妊娠してからですね。去年の、一昨年? 一昨年からはもう全然。子供できるとやっぱり薬は飲めないので、うん、だからそういう状態でいますけど」

引用元:文春オンライン https://bunshun.jp/articles/-/40272?page=2

華原朋美さんは、お子さんを母乳で育てていたのだとか。

精神安定剤は母乳を通して子供に流出してしまうので、精神安定剤を服用する治療の間は母乳は断乳するのが通例です。

そのため、華原朋美さんが「目がうつろ」「目つきが怖い」と言われる理由として、精神安定剤ではない可能性も考えられます。




華原朋美の目がうつろ!病気や薬物中毒を心配する声

華原朋美の目がうつろで相次ぐ心配の声

目がうつろで目つきが怖い華原朋美さんを、心配する声が相次いでいます。

華原朋美さんがいまだに過去の失恋を引きづっているとあり、もう吹っ切って楽になってほしいといった声が多く見受けられました。

 

以上、華原朋美さんの「目がうつろで怖い」「目つきがうつ病っぽい」といった声や、その理由についてお届けしました。

理由としては、公式にははっきりしていませんが、やはり精神状態の悪化や、精神安定剤の副作用を心配する声が多いです。

2019年9月生まれのお子さんもまだ小さいですし、早く精神状態が落ち着くことを祈るばかりです。