話題

【駒大】石川拓慎の高校は拓大紅陵!中学から駅伝出場!経歴や実績も

【駒大】石川拓慎の高校は拓大紅陵!中学から駅伝出場!経歴や実績も

2021年1月2~3日に開催された『東京箱根間往復大学駅伝競走2021』で総合優勝したのは、駒沢大学。

しかも、10区で3分19秒差をひっくり返し、逆転優勝を演出したとして、駒沢大学3年生の石川拓慎さんが話題になっています。

今回は、駒沢大学・石川拓慎さんの高校・中学などの学歴や、駅伝実績・経歴について調査しました!

【駒大】石川拓慎のプロフィール

まずは駒沢大学・石川拓慎さんのプロフィールを簡単に見てみましょう。

【駒大】石川拓慎のプロフィール
名前石川拓慎
生年月日1999年10月27日
身長・体重163cm、49kg
出身千葉県千葉市
在籍駒沢大学 経済学部 現代応用学科(2020年度現在3年生)

石川拓慎さんは、2020年度現在、駒沢大学の3年生。

2020年、2021年と箱根駅伝の10区アンカーを務め、2021年には1位との3分19秒差を追い上げて逆転優勝に貢献しています。




【駒大】石川拓慎の中学・高校・学歴は?実績まとめ

【駒大】石川拓慎の中学・高校・学歴は?経歴や実績まとめ

駒大・石川拓慎さんの学歴はこちら!

  • 中学…蘇我中学校
  • 高校…拓大紅陵高校
  • 大学…駒沢大学(2020年度現在3年生)

それぞれ見ていきましょう。

中学は千葉市立蘇我中学校

学校名千葉市立蘇我中学校
所在地千葉県千葉市中央区白旗1丁目5−3

駒大・石川拓慎さんの出身中学校は、千葉市立蘇我中学校です。

千葉県出身なので、中学は地元の公立中学に進学されたようですね。

「井内」姓で実績も

中学・高校時代は「井内」姓だったようで、「井内拓慎」の名前で実績を残されています。

石川拓慎さんは、中学3年生(2014年)の第65回千葉県中学校男子駅伝大会に2区で出場し、区間5位の成績を残しています。

石川拓慎は中学時代に中学駅伝大会で区間5位 平成26年度千葉県中学校駅伝大会 第65回千葉県中学校男子駅伝大会

中学時代からすでに実績を残されていたとはすごいですね!

高校は拓大紅陵高校

学校名拓殖大学紅陵高等学校
所在地千葉県木更津市桜井1403

石川拓慎さんは、高校は同じく千葉県内の拓殖大学紅陵高等学校に進学。

拓殖大学紅陵高等学校には高校駅伝チームがあり、千葉県高校駅伝大会で2位の実績があるなど、卒業生の中には大学駅伝で活躍される方も多い高校です。

高校時代も実績あり

その中で、石川拓慎さんは数々の実績を残されています。

石川拓慎は高校時代も数々の実績を残す
石川拓慎の高校時代の実績

  • 2016年度(1年生) 伊那駅伝で1区担当
  • 2017年度(2年生) 高校新人県大会で3区担当・チーム第4位、千葉県駅伝大会で3区担当・チーム8位

千葉県でも強豪の駅伝チームで、毎年レギュラー出場している上、実績も残されているとはすごいですね!




石川拓慎の駒沢大学時代の駅伝実績は?

石川拓慎の駒沢大学時代の駅伝実績は?

石川拓慎さんの駒沢大学時代の実績も見てみましょう。

石川拓慎の駒沢大学時代の実績

  • 2020年度(2年生) 箱根駅伝で10区を担当
    タイム:1時間10分21秒(個人区間7位、チーム総合8位)
  • 2021年度(3年生) 箱根駅伝で10区を担当
    タイム:1時間09分12秒(個人区間1位、チーム総合1位)

石川拓慎さんは、出雲駅伝、全日本駅伝はエントリーするも出場はならなかったものの、駅伝の10区アンカーを2年連続で走っています。

2020年箱根駅伝でもスパート勝負

石川拓慎さんは2020年、2年生時の箱根駅伝でも10区を走っています。

このとき、7位の早稲田大・宍倉くんとスパート勝負をして、抜かせなかったというエピソードがあります。

2020年箱根駅伝の石川拓慎の記録

区間タイム 1:10:21(区間7位)

2021年箱根駅伝で逆転優勝

石川拓慎さんは2021年、3年生時の箱根駅伝でも10区を担当

2位でタスキを継いだ後、1位との3分19秒差を一気に詰めて逆転優勝を演出しました。

10区残り2kmで駒大に抜かれる小野寺勇樹 石川拓慎の駒沢大学時代の駅伝実績は?

10区にタスキを継いだ時点で、3分19秒差あったため、大八木監督でさえ「優勝は無理かな…」と諦めかけていたのだとか。

そんな中、石川拓慎さんは気にせず「区間賞を出す」ことに専念。

先行していた創価大の小野寺勇樹くんの不調もありましたが、石川拓慎さんの気持ち勝ちもあったのではないでしょうか。

 

以上、駒沢大学・石川拓慎さんの高校・中学などの学歴や、駅伝実績や経歴についてお届けしました。

3分差を残り2kmでの逆転し、チームを優勝に導いた駒沢大学の石川拓慎さん。

今後の活躍、来年の駅伝にも注目ですね!

小野寺勇樹の失速原因は脱水だった?アクシデントに体調を心配する声
小野寺勇樹の失速原因は脱水だった?アクシデントに体調を心配する声2021年1月2~3日に開催された『東京箱根間往復大学駅伝競走』で、創価大の初優勝を託され、10区を走ったのが、創価大学3年生の小野寺勇...
【創価大】小野寺勇樹の高校は埼玉栄で超エリート!中学は?駅伝タイムも
【創価大】小野寺勇樹の高校は埼玉栄で超エリート!中学は?駅伝タイムも2021年1月2~3日に開催された『東京箱根間往復大学駅伝競走』で、創価大の初優勝を託され、10区を走ったのが、創価大学3年生の小野寺勇...