話題

【創価大】榎木和貴監督の経歴や出身大学は?嫁や子供がいるかも調査

【創価大駅伝】榎木和貴監督の経歴や実績は?対話する指導法が躍進に

『箱根駅伝2021』で、往路優勝と総合2位を獲った創価大学。

創価大の駅伝チームは、駅伝出場がたった4回目にも関わらず、今回好成績を残したということで、指導にあたった監督にも注目が集まっています。

今回は、創価大の駅伝監督、榎木和貴監督の経歴や実績、指導力や指導方針など、創価大の強さの秘密について調査しました!

【創価大】榎木和貴監督のプロフィールと出身大学

【創価大駅伝】榎木和貴監督のプロフィール
  • 名前…榎木 和貴(えのき かずたか)
  • 生年月日…1974年6月7日(2021年で47歳)
  • 出身地…宮崎県
  • 出身大学…中央大学
  • 出身実業団…旭化成

榎木和貴監督は、大学時代は中央大学の駅伝部で4年連続区間賞を受賞。

大学卒業後も実業団トップクラスの旭化成で活躍。

指導者としては、2019年2月より、創価大学の駅伝部の監督を努め、2021年の箱根駅伝でチームを往路優勝・総合2位に押し上げています。




【創価大駅伝】榎木和貴監督の現役時代の経歴は?

【創価大駅伝】榎木和貴監督の現役時代の実績は?

創価大の駅伝監督、榎本和貴さんの現役時代の経歴はこちら。

榎本和貴の現役時代の経歴

◯中央大学時代

  • 箱根駅伝に4年連続出場
  • 箱根駅伝4回とも区間賞を獲得(区間新記録を出したことも)
  • 1996年(3年時)の4区では4人抜きで2位まで順位を上げる

◯実業団時代(強豪・旭化成に所属)

  • 2000年 第49回別府大分毎日マラソンで優勝

榎本和貴さんは、中央大学時代に4年連続で箱根駅伝に出場し、4年とも区間賞を獲得しています。

4年連続で区間賞を獲った選手は、96回の箱根駅伝の歴史の中でも8人しかいないと言いますから、その別格さがわかりますよね。

また、1996年の大学3年生の時に4区を走った時は、6位から4人抜きで2位まで順位を上げ、中央大学32年ぶり14回目の総合優勝に貢献したという恐ろしいエピソードも。

この現役時代の経験や知識は、現在の指導にも組み込まれ、活かされているようです。




【創価大駅伝】榎木和貴の指導者としての経歴は?

【創価大駅伝】榎木和貴の指導者としての経歴は?

創価大の駅伝監督、榎木和貴さんの指導者としての経歴はどうなのでしょうか。

結果が振るわず指導者へ

榎木和貴監督は、2000年の大分毎日マラソンに優勝後、大学時から抱えていた坐骨神経痛が再発。

現役選手としての結果が出せずに苦しんだ末、高校&旭化成の先輩である谷口浩美さんに誘われ、指導者に転向しています。

榎本和貴の指導者としての経歴

  • 2004年~ 沖電気の陸上競技部コーチとして女子選手を指導
  • 2007年~ トヨタ紡織陸上部のコーチ(2011年からは監督に就任)
  • 2019年2月~ 創価大学駅伝部監督就任

指導者としての実績としては、トヨタ紡織陸上部の監督時代、ニューイヤー駅伝で最高7位の結果を残しています。

2019年2月より監督を務める創価大学の駅伝部では、

  • 2020年箱根駅伝 第9位(シード権を初獲得)
  • 2021年箱根駅伝 往路優勝&総合2位

など、就任早々、目立った実績を残しています。

これまでの知識と経験を指導に

創価大・榎本和貴監督のすべての経験と知識が指導に

榎木監督は、

  • 輝かしい実績を残した大学時代
  • 実業団で怪我に苦しんだ時期
  • 指導者をしつつ、1人で競技を続けた時期

そのすべての経験と知識が、今の指導に生きていると話されています。

 

榎木和貴監督は、選手としてだけでなく、指導者としても大変優秀な方ですね。




創価大・榎本和貴監督に嫁や子供はいる?

創価大・榎本和貴監督に嫁や子供はいる?

榎本和貴監督に奥さんや子供はいらっしゃるのでしょうか。

榎本監督の家族については公表されていませんでした。

ただ、榎本監督は1974年6月7日生まれで、2021年で47歳です。

現役時代も指導者としても実績があり、冷静沈着なタイプですから、奥さんや子供がいてもおかしくないですよね。

学生は「自分の子供くらいの歳の差」

榎本監督は、2020年10月に雑誌「OCEANS」のインタビューで以下のように答えています。

今、榎木さんが学生への指導で心がけていることは、コミュニケーションだ。

「自分の子供くらいの歳の差なので」という学生のことをしっかり理解するために、数カ月ごとに全員と個人面談をしているという。

引用元:OCEANS

当時46歳の榎木監督が、指導する20歳前後の学生のことを「自分の子供くらいの歳の差」と表現しています。

26歳前後で子供が生まれれば、インタビュー当時20歳前後の子供がいる計算になりますから、大学生くらいのお子さんがいるとしてもおかしくはありません

今後創価大学が活躍していけば、榎木監督ご自身のご家族の話も出てくるでしょうから、真実が知れるのが楽しみですね。

 

以上、創価大の駅伝監督、榎木和貴監督の経歴や実績、指導力や指導方針など、創価大の強さの秘密についてお届けしました。

創価大駅伝部の大躍進は、榎木和貴監督自身の経験や知識があってこその結果のようです。

選手たちの信頼も熱い榎木監督と創価大学駅伝部の、今後も活躍が期待できますね。

【創価大】小野寺勇樹の高校は埼玉栄で超エリート!中学は?駅伝タイムも
【創価大】小野寺勇樹の高校は埼玉栄で超エリート!中学は?駅伝タイムも2021年1月2~3日に開催された『東京箱根間往復大学駅伝競走』で、創価大の初優勝を託され、10区を走ったのが、創価大学3年生の小野寺勇...
小野寺勇樹の失速原因は脱水だった?アクシデントに体調を心配する声
小野寺勇樹の失速原因は脱水だった?アクシデントに体調を心配する声2021年1月2~3日に開催された『東京箱根間往復大学駅伝競走』で、創価大の初優勝を託され、10区を走ったのが、創価大学3年生の小野寺勇...
【駒大】石川拓慎の高校は拓大紅陵!中学から駅伝出場!経歴や実績も
【駒大】石川拓慎の高校は拓大紅陵!中学から駅伝出場!経歴や実績も2021年1月2~3日に開催された『東京箱根間往復大学駅伝競走2021』で総合優勝したのは、駒沢大学。 しかも、10区で3分19秒差を...